家の構造 大地震、あなたができる防災対策


 日本各地で地震が頻発しています。特に近年は大地震が新潟、福岡などところ構わず起きています。 こうした中で、唯一余知可能な地震といわれるのが、東海地震ですが、むしろ20数年以内に必ず起きるとされるのが東南海地震です。 また、東京大震災の再来も懸念され、日頃の備えや防災対策が急がれます。 行政の力には限界があり、あなたご自身の努力や対応を期待し、促されている現状です。 ここでは、その具体の対応と対策を考えていきます。




耐震構造よりも免震で・・

これまでの日本家屋は、頻発する地震には弱いとされてきた。
 
特に、一定年限が過ぎて木自体に粘りがなくなってからの耐震強度は、
構造上補強されていればさることながら、それ自体が極めて低くなる。
 
その後、日本家屋に留まらず、あらゆる建設方法で耐震化がうたい文句となることもあった。
しかし、建築基準法上、特段宣伝しなくても新たに家屋を建てる場合には、最低限守らなければならない基準を示してきたため、それが耐震構造ということに結びついてきた感さえある。
 
しかし大規模地震が相次ぐ昨今、こうした従前の耐震住宅から、さらに地震の家屋への影響を極端に小さくする、いわゆる免震構造を施した住宅に関心が移ってきているように思う。
 
耐震が強度上の課題を補強したことに過ぎないのに比べて、免震構造は地震による家屋の揺れを、家屋ごと遙かに小さくするという発想だ。
 
今後住宅の新築をお考えの方は、是非その構造を理解しておいた方が良いのではないでしょうか。
ご請求はこちらからです。