東南海地震 大地震、あなたができる防災対策


 日本各地で地震が頻発しています。特に近年は大地震が新潟、福岡などところ構わず起きています。 こうした中で、唯一余知可能な地震といわれるのが、東海地震ですが、むしろ20数年以内に必ず起きるとされるのが東南海地震です。 また、東京大震災の再来も懸念され、日頃の備えや防災対策が急がれます。 行政の力には限界があり、あなたご自身の努力や対応を期待し、促されている現状です。 ここでは、その具体の対応と対策を考えていきます。




東南海地震

日本は本当に地震が多い国ですが、東南海地震をご存知でしょうか?

阪神大震災や新潟・中越地震、東日本大震災などあちらこちらで地震が起きていて、
それには周期があると言われているものが多いのですが、
そのひとつに、東南海地震が挙げられます。

この地震は、紀伊半島沖から遠州灘の海域で
周期的に発生している海溝型地震のことです。

政府は今年、地震による津波の想定する高さを見直しましたが、
地震の規模は、毎回マグニチュード8.0前後と言われている巨大地震です。

この地震は周期がおよそ100年から150年程度で発生しています。

周期はこの時期だと確定できないのですから、
近い将来起こりうる地震と思うしかありません。

一番新しいもので、
1944年12月に紀伊半島南東沖が震源となり、地震が発生しました。
これは昭和東南海地震と呼ばれています。

当時、遠州灘沿岸から紀伊半島にかけて被害が集中したことで、
「東南海地震」と呼ばれるようになりました。

今では、過去に発生したこの地域の地震すべてを
東南海地震と呼ぶようになっています。

東海地震と南海地震では、
発生がほぼ同時であっても、時期が近いなど連動するケースもありますが、
震源域が違っているので、別の地震として分けられています。

1944年の東南海地震は、別名・昭和東南海地震と呼ばれ、
1944年12月7日の13時35分に発生し、震央は熊野灘沖でした。

震源の深さはおよそ40キロメートル、規模はML7.9という大きさでした。