防災無線 大地震、あなたができる防災対策


 日本各地で地震が頻発しています。特に近年は大地震が新潟、福岡などところ構わず起きています。 こうした中で、唯一余知可能な地震といわれるのが、東海地震ですが、むしろ20数年以内に必ず起きるとされるのが東南海地震です。 また、東京大震災の再来も懸念され、日頃の備えや防災対策が急がれます。 行政の力には限界があり、あなたご自身の努力や対応を期待し、促されている現状です。 ここでは、その具体の対応と対策を考えていきます。




防災無線

災害が起き、情報の伝達に混乱が生じたり、必要な情報を伝えきれなかったりした教訓から平成12年9月12日に発生した「東海豪雨水害」を契機に防災無線の設置が進んだ市町村も少なくない。

地域によったは周辺住民からの苦情を理由に設置への賛成が得られなかった市町も、災害を契機として住民の理解が進んだ格好だ。

しかしながら、設置後の運用という点で多くの課題を残している。
ハウリングを起こして聞き取れない
◆ゆっくりはっきり話しをしないので内容が分らない
◆行政からの一方的な放送に留まって、自主防災組織などが自治会とともに有効活用をできない
◆地域住民もどこに無線が設置されているか理解していない
など、日頃の運用に工夫が足りない状況が伺える。

防災無線に限らず、ものを設置することが目的ではありません。
いかにそれらを有効に活用して、最小限に被害を食い止めるのか、また日頃から有効に活用して、いざ災害時にも誰もが日頃から利用して使い慣れているので混乱せずに使用できるような運営をしておくことが大切なのではないでしょうか。